商品の特徴と利用条件

現在では、さまざまな種類の金融商品が市場に出回っています。そのような状況の中で、金融業者から借り入れをするにあたっては、それぞれの商品の違いを理解した上で、自身の適性やニーズ、希望条件に合ったものを選ぶことが大切です。

学生数ある金融商品の中には、「学生ローン」というものも存在します。学生ローンは、その名の通りに、学生を貸し付けの対象とするローンになります。学生による利用が可能なローンとして、学生ローンという名前がついているものの、基本的な特徴は消費者金融のローンと変わりありません。お金を借りる必要性は、社会人だけではなく、学生にも起こり得ます。そのように、学生が借り入れをしようと思った時に、学生ローンは強い味方となってくれるでしょう。

学生ローンで借り入れをするためには、その利用条件を満たしていることが必要となります。学生ローンでは、18歳・19歳・20歳以上という年齢で、アルバイトなどをして収入が安定している人を対象として貸し付けが行なわれます。中には、18歳以上で、学生証を提示するだけで申し込みができるものもあります。ただし、高校生は貸し付け対象から除外されています。また、運転免許証や保険証、住民票などの書類を用意すれば、さらに有利な条件で利用できる可能性もあります。他にも、学生ローンを申込みできる“e-campus”では、引き続き会員であれば卒業後もご利用ができます。

学生時からの会員様なら卒業後も何度でもご利用可能!

このように、卒業後やアフターフォローの制度が整っているところでできるなら借り入れしましょう。

 

メリットと注意事項

学生ローンの融資限度額は、アルバイトなどによる収入金額を基準として算定されます。したがって、消費者金融のローンと比較して、設定することのできる限度額は低くなります。とは言うものの、学生という立場から、収入の少ない人でも、その収入金額に見合った金額で借り入れをすることができるという気軽さも、学生ローンのメリットであると言われています。また、金銭的なトラブルや旅行など、借り入れたお金の使途を自由に設定することができるのも、学生ローンの利点です。

女の子と鉛筆そのように、気軽に利用できる学生ローンですが、使い方を間違えると、思わぬトラブルを招いてしまうリスクが存在するので、注意する必要があります。学生ローンの場合、収入に見合った限度額が設定されるとは言うものの、その返済は、アルバイトなどによる限られた収入で行なうこととなります。そうした事情を踏まえた上で、無理なく返済できる借り入れ金額を決定する必要があります。

学生ローンの中でも、インターネット上で申し込みや借り入れ、返済のできるものは、利便性の高い商品と言えます。ただし、便利だからと言って不用意に利用すると、借り過ぎてしまうリスクが高まるので、気をつけましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

学生ローンによる融資

一口に融資商品と言っても、さまざまな種類があるので、それぞれの相違点を理解し、自分の特性にマッチするものを選択することが大事になります。それらの金融商品の中で、「学生ローン」は、読んで字のごとく、学生に対して貸し付けを行なうローンです。

学生ローンには、年齢や収入に関する利用条件が設定されているので、前もって確認しておきましょう。学生ローンの限度額は、バイトなどの収入を基準に算定されるため、消費者金融のローンよりも低額となります。とは言え、学生という収入の少ない立場の人も、身の丈に合ったスタイルで利用できるのも学生ローンの特徴と言われています。

学生そのように、気軽に利用できる学生ローンですが、注意するべき事柄も存在します。先にも述べたように、学生ローンでは、バイトなどの収入で返済金額をまかなうこととなります。その点を考慮に入れた上で、無理のない返済スケジュールを作成し、適切な借入額を設定する必要があります。また、学生ローンの内、ネットを通じて諸手続きができる商品は便利ですが、だからと言って軽率な行動を取ると、思わぬトラブルに見舞われる危険性が高くなるので、注意しましょう。

当カテゴリーでは、学生ローンについて、詳しく解説してまいります。皆さんの中で、学生という立場で、金融業者から借り入れをしようと考えている方は、実際の行動を起こす前に、これからご提供する情報をチェックしてみて頂ければ幸いです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket